お肌のためのオイルです Mifony Dr.OIL

もっと見る

お肌のためのオイルです Mifony Dr.OIL
¥16,500

在庫状況: 在庫あり

*本製品は、ネットでの販売は実施されておりません。 店頭でも東京の渋谷と池袋にあるロ〇トには不定期納入されていますが、200~300個の納品が即日完売してしまう、知る人ぞ知る「お肌のためのオイル」と言われる、かなりの優れものです!!


今回、数量・期間限定でTOWNモールへの商品掲載の許可を取りつけました!!


この様な希少な商品なので、万が一期間内に計画数量が販売出来ない場合は、商品掲載終了となります。皆様のご購入が、継続的・安定的な商品販売の間口となる商品でございます。


本製品は、下記の様な方にお勧めのまさに「お肌のためのオイル」と言える商品です。


1、健やかな肌をお望みの方


2、暖房など室内が乾燥している場所に長時間いる方


3、毛染め、脱色などで頭皮が痛んでいる方


4、紫外線などで、お肌の状態が気になっている方


5、そして、主婦の手 ひじ ひざ かかとのカサカサなどには、保湿クリームの代わりとして等、使用目的は多岐に渡ります。


以上のように、皮膚にお悩みをお持ちの方はもちろん、一家にひとつは常備したい様々な形でお使い頂きたい商品です。


一度、お試し頂ければ、きっとお解り頂けます!


Mifony Dr.OIL の中身は?


「角質層」にこだわり、厳選した天然アミノ酸を組み合わせています。


お肌の角質層はケラチン(角質細胞)とセラミド(細胞間脂質)からできています。それらを天然アミノ酸から作り出し、バランスよく配合している製品です。 アミノ酸は人間の体を構成する成分で、もちろん、皮膚もアミノ酸から作り出すことは、とても安心といえます。 特にセラミドについては、角質層の50%を占め、角質層の潤いを保つのに欠かせない成分です。さらに、皮脂が十分足りている皮膚でも、セラミドが不足していると、潤いのないカサついた皮膚になり、角質層バリア機能が低下します。 もちろん、この製品はセラミドもアミノ酸から作って配合し、角質層のセラミドを補います。


ベースは人の皮脂に近い『馬油』を使用しました。


『馬油』は、がまの油として古くから万能薬として使われてきました伝統原料です。また、江戸中期以降、馬肉を食べる習慣ができ、その後、馬肉を食べるお店で赤みの部分を食用とした後に『やけどの民間薬』として残った脂肪を集めて副業として売っていました。 『馬油』の最大の魅力は強力な浸透力です。短時間で皮膚細胞に浸透するため、べとつきません。ガソリンや石油などの鉱物油は非常に浸透力が強いのですが、『馬油』以外の動植物油は人体にはなかなか浸透しません。何故かというと『馬油』はその組成上、人の脂にとてもよく似ているからなのです。浸透した『馬油』は皮下細胞の1㎜位の深さの空気と完全に置き換わり、細菌類の活動を押さえ込み、皮膚の緊張をやわらげます。 従い、『馬油』はお肌に違和感なくなじみ、角質層バリア機能に重要な役割を果たすわけです。


Mifony Dr.OIL 成分


●馬油  昔から万能薬として使用されている伝統原料


●ラウロイルグルタミン酸ジヘキシルデシル  アミノ酸誘導体、アミノ酸オイル、角質皮脂類似物質


●ラウロイルグルタミン酸ジ(フィトステリル/オクチルドジテル)  アミノ酸誘導体、細胞間皮質類似物質、セラミド様物質


●ユーカリ油  ユーカリの木からの精油で、抗菌性がありアトピーに良いといわれる。


●ティートリー油  オーストラリアの伝統精油で古くから万能薬として使われている。強い抗菌性があるため、角質層バリア機能が低下したお肌には大敵である雑菌の繁殖を防ぐ。またアロマテラピーでとても人気のある天然精油であり、癒しの効果も期待できる。


以上のように、貴重な成分を惜しみなく使用しており、皮膚科などで処方されるステロイド剤などの様に症状を抑え込むことを目的としている商品ではありません。


こんな??事実をご存知ですか??


なぜよく使われている『コラーゲン』や『ヒアルロン酸』よりも先に、Mifony Dr.OILを使うべきなのか? 答はこんな事実が有るからです!!


『コラーゲン』や『ヒアルロン酸』はいくらお肌に塗っても、セラミドが不足している状態では角質層に潤いを与える事が出来ないからです。 例えば、砂漠のような乾燥状態のひどい場合にコラーゲンやヒアルロン酸をいくら塗っても無駄であると言われています。ましてや、これらの吸水力により、角質層のわずかな潤いもこれらが抱き込んでしまうと言われています。 つまり!!いくらコーティングしても、セラミドというセメントが無ければ煉瓦を綺麗に整える事は出来ないからなのです。


使用方法 適量を手に取り、薄く延ばすようにお肌に塗ってください。美容のクリームとしてお顔に、乾燥してかゆくなりやすいボディーに、ストッキングが引っかかるかかとやひざに、そしてハンドクリームとしても、さらには洗髪後でドライヤー前の髪の毛にも・・・これ1本あればご家族皆さんでお使い頂けます。


内容量 100ml

または
概要

詳細

『お肌が衰える』ってどういうことかご存知ですか?

年齢を重ねるごとにお肌のトラブルは増えていきます。肘や膝が粉を拭いたようになったり、全身が乾燥してかゆい、手に年齢を感じるなど、そのトラブルの鍵を握るのはなんと 「角質層」 なんです。

例えば、アトピー性皮膚炎の方は、角質層が極端にうすく、皮脂も通常の10%以下と言われます。角質層とは皮膚の一番外側の薄い膜でその角質細胞の隙間にセラミドがあり、角質細胞と共同して水分保持やバリアの働きをしています。また、角質層は表面上を皮脂が覆って角質層の機能を高めています。簡単にいうと、角質細胞という煉瓦をセラミドというセメントで均等に積み上げてさらに皮脂でコーティングしているという事なのです。

つまり、角質層と皮脂が体内の水分が外に逃げるのを防ぎ、細菌や化学物質などの侵入を防ぐという2つの大きな働きを担っているのです。

そして、角質層バリアが低下することは、まず、皮脂が乾燥などの原因ではがれる、またはセラミドが減少し綺麗な煉瓦が不規則になってしまったり崩れてしまったりすることです。ということは、少なくなった皮脂や薄くなった角質層を補い、皮脂を含めた角質層バリア機能を高めて角質層が健康になれば、各種トラブルの原因となる乾燥や細菌、さらには紫外線などの刺激を受けにくくなります。

Mifony Dr.OILは、角質細胞をアミノ酸のセラミドでかため、皮脂に似ている馬油でコーティングし、角質層の健康を保つ工夫がされているのです。

レビュー

商品のタグ

タグを区切る場合は半角スペースを使用してください。単語にはシングルクオート(')を使用してください。


© 2016 crm co.,ltd All Rights Reserved.